Webマーケティング

  • Twitter
  • Facebook
  • HATENA
  • POCKET

SNS広告について

目次

  1. SNS広告とは
  2. 主要なSNS広告の特徴
  3. Instagram広告
  4. Facebook広告
  5. Twitter広告
  6. LINE広告
  7. 最後に

ホームページ及び自社サービスなどを多くの方に見てもらう手段として、大きくSEO(検索結果の上位表示)とWeb広告(ウェブ広告)の2種類があります。

SEOはうまくやれば費用かけずに上位表示できるが確実性・即効性は低いです。

が、Web広告(ウェブ広告)は費用さえかければある意味確実性・即効性の高い施策といえます。
※もちろんうまく運用することで費用を抑えて効果を高めることも可能です。

Web広告(ウェブ広告)にもたくさん種類があり、
「純広告」「アドネットワーク/DSP」「リターゲティング」「ネイティブアド」「タイアップ広告/記事広告」「検索連動型広告(リスティング)」「アフィリエイト広告」「動画広告」「メール広告」
などありますが、その中でも近年費用対効果の高いWeb広告(ウェブ広告)の一つにSNS広告というものがあります。

今回、SNS広告について、仕組みやメリット・デメリット、主要なSNS広告についてを説明したいと思います。

小さな金額からお試し感覚で始めることが可能ですので、この記事が皆さんのSNS広告のとっかかりになれば幸いです。

SNS広告とは

SNS広告とは、文字通りSNS上で表示される広告で、Web広告の一つになります。

主要なSNSとして国内では、「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」が挙げられますが、そのいずれもSNS広告をそれぞれ出稿することができます。

SNS広告の特徴として、ターゲティングの精度の高さが挙げられます。

そもそもWeb広告自体が、「テレビCM」「チラシ」「街の看板」などに比べると圧倒的にターゲティングの精度の高いのですが、その中でもSNS広告は高いです。

また、最近はTik Tok広告なども盛り上がってきてますので、今回紹介する主要なSNS以外も要チェックといえます。

ターゲティングの精度とは

ターゲティングはマーケティングでよく使われる用語で、対象となる顧客層・ユーザーを決めることです。
また、その決めた顧客層・ユーザーに対してより正確に細かく設定できることを、ターゲティングの精度が高いと表現するケースが多いです。

通常のWeb広告もブラウザ単位にはなりますが、クッキーなどでユーザーをある程度特定しているため、ユーザーの年齢層・性別・好みなどを推測し、ターゲティングしたユーザーへ広告を表示することが可能です。
ただし、あくまでユーザーがどういうサイトを見てるかなどで年齢・性別・趣味などで類推してるに過ぎず、それでも精度は70〜80%ほどと言われてます。
※それでも高いといえば高いですね。

SNSの場合、そのSNSを利用しているユーザーは自分のプロフィール(性別・年齢・エリア・職業・趣味など)を登録しており、またそのSNS内で「どのような記事を閲覧したか」「どのような記事に反応したか」などの情報が蓄積されるため、よりユーザーの属性を精度高く判別できます。

それらの情報を元に詳細なターゲティングをして広告を表示することにより、届けたいユーザーへ精度高く広告を表示するとが可能となり、潜在顧客層への認知拡大へつなげることが可能となります。

主要なSNS広告の特徴

SNS広告について、ざっくりと説明いたしましたが、そのSNS広告にも対象となるSNSによって特徴があります。

主要なSNSとして、「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」へ向けた広告があります。

今回はその主要な4つのSNSについて解説いたします。

Instagram広告

Instagram広告とは、Instagramのタイムライン上やストーリーズ上に出稿できる広告です。

Instagramの特徴として、写真投稿に特化しており、以前は10~20代女性がメインユーザーでしたが、最近は30代以降女性も増加の傾向にあります。
基本的には女性が多く、流行に敏感な女性に効果的なSNS広告といえます。

また、InstagramはFacebookのグループ会社にあるため、基本的にはFacebook広告上で広告を出稿できます。

アクティブユーザー数も年々増加傾向にあり利用者の属性も広がっていることから、今後はより幅広いビジネスとの親和性の高いSNS広告になりえるかと思います。

Facebook広告

Facebook広告とは、Facebookの内に出稿できる広告です。

Facebook広告の最大の特徴は、「本名登録が必須」などの細かな条件設定によりSNS広告の中でもダントツでターゲティングの精度が高いSNS広告です。

また、キーワードを入札して広告を出すという概念が無いため、極端にいうと100円あれば広告出稿を始めることができます。

Twitter広告

Twitter広告とは、Twitter内に出稿できる広告です。

Instagramが流行る前のSNSと言えばTwitterというくらいでした。
全盛期に比べると利用者が減りましたが、未だ根強い人気のあるSNSです。

ターゲティングの精度はFacebook/Instagram広告に比べると劣りますが、2次拡散(出稿した広告を別のユーザーがリツイートしそのツイートからアクションがあった場合)は、¥料金はかからなかったりするので、少額で爆発的な効果を期待することができます。

ようするに、広告の内容次第では広告が拡散されればされるほど、安いCPCで効果を出すことが可能になります。

LINE広告

LINE広告とは、LINE内に出稿できる広告です。

LINEのトークリスト最上部やタイムライン、「LINE NEWS」や「LINEマンガ」などへの配信が可能です。

LINE広告の特徴は、なんといっても日本国内でのアクティブユーザーが圧倒的に多く、日本人口約60%の7,800万人以上が利用しているプラットフォーム上に広告を出すことができます。

また、まだ他のSNS広告に比べると出稿している企業は少ないため、競合も少なく先行者利益的な恩恵を受けやすいとも言えます。

最後に

ここまで主要なSNS広告について4つ「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」を紹介しました。

SNS及びSNS広告にはそれぞれのプラットフォームに特徴があり、全てに出稿するというより自社のサービスと相性の良いSNSへ広告を出すことでより費用対効果の高い運用が可能となります。

まずは自社のサービスに親和性の高いSNS広告を選定し、そのSNS広告のポイントを深堀りして最適な広告出稿を検討してはどうでしょうか。

今後主要なSNS広告4つ「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」の広告について、それぞれ詳細な記事を投稿していく予定ですので、
ぜひともまたウェブアイズを御覧ください。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • HATENA
  • POCKET
  •